昔は斑気じゃなかったのになぁ

相談しながら治療

うつの相談を行いたいならこちらのサイトを利用してみてください。どんなお悩みでも気軽に相談することが出来ますよ。

うつ病は簡単な病気ではありません

うつ病になってしまったら、一番先に気をつけなければならないのが、偏見を持つことです。 「心の風邪」という表現を良く用いますが、これはあくまでもたとえであり、すぐに治るから風邪と同じだと言っているわけではありません。 うつ病がやっかいなのは、気持ち次第で治る病気ではないところです。 ですから、病気のことをまず知るのが正しい治療への第一歩とも言えます。 やる気がない、元気がない、何事も楽しくないといった症状は、一見楽をしているように見えるかもしれません。 しかし、うつ病にかかっている人がどんなに頑張っても、自力では克服できないのがこの症状なのです。 また、頭痛やめまい、吐き気、体のだるさなど風邪に似た症状も伴いますから、注意が必要です。

治療方法を相談して病気と闘おう

うつ病の治療方法は、大きく二つに分けられます。 一つは「心理的治療」とも呼ばれている、カウンセリングによる治療法です。 否定的な思考パターンを根本から見直したりするのが主となっています。 もう一つは「投薬治療」であり、ほとんどの人がこの治療方法で病気と闘うことになります。 現在は服用する薬も症状別にたくさんの種類があり、副作用も少なくなっていますから、安心して下さい。 どちらの治療方法を選ぶにしても必ず専門家の力が必要ですから、少しでもうつ病の兆候を感じたら、すぐに専門のクリニックや心療内科を受診しましょう。 それから、これらよりも大切になるのが、患者自身が休養を取ることです。 周囲の協力も不可欠ですので、家族にも事情を話して病気と向き合うようにしましょう。

うつ病の治療費について

うつ病については治療期間が個人によってまちまちです。ですから、患者やその家族にとって、治療費については、大きな不安を抱えることにもなります。 基本的な治療については、健康保険の対象となります。ですから、70歳未満の方ですと、病院の窓口で支払う金額は3割負担となります。ただ、通院期間が長ければ長いほど負担も増えてくるわけで、なるべく負担を軽減したいところです。 そこで、「自立支援医療費制度」を活用すれば、費用の負担を抑えることができます。れは、障がいのある患者に必要な治療を継続的に行ってもらうべく支援することを目的としたものです。 この制度を活用しますと、原則1割負担ですみ、所得の額に応じて、医療費の上限が設けられることになりますので、負担を抑えることができるのです。

この病気の特徴について

そもそもうつ病とはどんな病気なのでしょうか。 うつ病は、無気力感や憂うつ感、思考力や注意力が低下した状態が長い期間にわたって続き、日常生活を行うのに支障が出る状態になることをいいます。心の病気といわれますが、脳における伝達神経に異常が起きて起こるといわれています。 うつ病になったら心身を休ませるのが1番です。そして、医師から処方された薬を欠かさず飲むことが大切です。やってはいけないのは、自己判断で薬をやめたりすることで、それを行うと治療が長引いてしまいます。 また、周囲の家族のうつ病に対する認識と理解も不可欠です。周囲の家族が患者本人がしっかり休める環境を作ることが大切です。 うつ病は治療をすればよくなります。無理しない、しっかりとした治療が大切です。

病気と向き合う

うつ病はしっかり治療することで治すことができるので、まずは病気であることを受け入れて、自分を見つめなおすきっかけと思って治療することが大切です。定期的に医師に相談しながらマイペースで治療を進めると良いでしょう。

» 詳しくはこちら

異常を感じたら

うつ病は心と身体の疲れを軽減させていくことによって症状を緩和させていくことが可能です。再発の可能性があるうつ病は、再発を防ぐ為にも認知行動療法を行うと良いでしょう。この治療によって人生を肯定的にすることができます。

» 詳しくはこちら

治療費を確認する

うつ病治療には診察や薬に費用がかかってしまいますが、今では費用面の負担を軽減させる為に自立支援医療費制度が設けられており、うつ病もその対象となっています。この制度を利用することで継続して治療に励めます。

» 詳しくはこちら

根気よく治療する

うつ病は治療が簡単とは言いがたく、長期にわたって病気と向き合い薬やカウンセリングで根気強く治療を続けていく必要があります。長い治療期間が負担とならないように、自分のペースで治療を進めることが大切です。

» 詳しくはこちら

休みながら治療

うつ病の治療をする時には、あまり病気について深く考えないで行うことが大切です。うつ病でない人も同様で、予防する為にも適度に遊んでリフレッシュできる環境で生活すると良いでしょう。

» 詳しくはこちら

メニュー