休みながら治療

うつ病の治療に快適な環境

うつ病は、憂うつ感、無気力感や絶望感、思考力の低下などの状態が長期間続き、日常生活にも支障をきたす病気です。 この病気にかかりやすい人は、まじめで責任感の強い人であるといわれます。許容範囲を超えてストレスを抱えやすいからです。 事前に予防すべく、遊びや休みを適度に入れることが大切ですが、万一、うつ病にかかってしまった場合はいかに患者が治療するにあたって快適な環境を作るかが大切です。 それは、患者本人はもちろん、その周囲にいる家族などのうつ病への認識と理解が必要となってきます。 患者本人はしっかりと心身ともに休養することを心がけます。そして、周囲にいる人は、患者の心身に負担をかけないように言葉使いなどにも気をつけることが大切です。

どのくらい費用がかかるのか

うつ病の治療にあたって、どのくらいの治療費がかかるのかということについては、治療期間のこともあり、確かなことは言えません。 少なくともいえるのは、治療が長くなればなるほどそれだけ費用がかかり、患者や周囲の人の不安も大きくなるということです。 ただ、自立支援医療費制度を活用すれば、治療費の負担を抑えることは可能です。 これは、障がいのある患者に対して必要な医療を継続して受けることができるように支援をすることを目的とした制度です。この制度はうつ病の患者についても対象となります。 この制度を利用しますと、医療費の自己負担額が原則として1割となり、所得に応じてひと月に支払う医療費についても上限が設けられるのです。